Category : どうぶつパグパグチワ
2016-09-10

犬のアレルギー皮膚炎と食餌療法

2016-09-01-14-55-17

ことしで7歳になるパグチワミックスのゆきですが
6歳過ぎから皮膚炎を頻繁に発症、その都度病院でステロイド治療をしていたんだけれど
今年になってからステロイドで抑えても、投薬期間を終えるとすぐ発疹が復活、
近頃は食後すぐ体が赤く腫れるようになったので、これってアレルギーじゃないのかと疑うように。

とはいえアレルギー検査は高額のうえあまり当てにならない
(原因物質は分かってもどれを除去してよいのか判断に迷う)らしいので検査はせず
できる範囲でアレルゲン除去をしてみることにしました。

201608171800

8月の時点で、食後約30分の肌の様子はこんな感じ。
顔、首、指の間、お尻まわりが赤く腫れて、とにかくかゆがって24時間掻きっぱなし。
掻くと傷になる→痛痒くてさらに掻くのループで
掻く音とともに「キャキャキャキャ」って悲鳴が聞こえるほど。

このとき食べていたフードの中にアレルギーの原因があると判断して、
このフードに使われている材料を使わないごはんを与えてみた。
まずは手作りごはんで様子見。
青魚(サバ缶水煮とか)や野菜、納豆なんかをあげていました。
2週間あげてみたところ、食後のアレルギー反応は無くなった!
このまま続けてみたいところだけれど、
栄養バランスを考えるのが大変 & 私がいないときに用意できない、
という不都合があって手作りは中断。

ネットでアレルゲン除去フードを探して、評価が高めのフードを試してみた。
ついでに、「動物用の外用薬は、人間用でも代用可能」という話を聞いて、
掻き傷でジュクジュクしたところは、こども用の塗り薬(ポリベビー)を塗ってみた。

201609100900

市販のアレルゲン除去フード & 塗り薬を試して2週間、
食後の赤みもすっかりなくなり、傷も良くなってきた。

本人も掻く時間が減ったので、なんだか暇そうです。
以前は寝ていても突然飛び起きて掻き始めたり、
お尻も痒いので床にこすりつけていたりしたので、それが無くなって穏やかな様子。

まだかさぶたがあったり、少し赤いところが残っているので多少掻いたりはするけれど
以前みたいにとにかく掻きむしる!っていう様子はなくなってきたので、一安心。

Tags: Comments Closed 

関連記事