Category : 水戸&茨城
2014-06-18

偕楽園 梅の実落とし

201406161000

2014年の梅仕事。
偕楽園の梅の実落としに行ってきた。
去年はむすこが腹の中にいて断念したので一年飛び。
一昨年は悪天候のせいであまりいい梅の実がもらえなかったけど、今年は大ぶりで良い状態のモノが多いと事前に聞いていたのでワクワク!

偕楽園の梅は1.5kgで300円と、かなりお買い得。
食用梅として作っているわけではなく、梅の花を美しく咲かせるために不要な実を落とすのが目的であるのと、100品種以上の梅が混ざった状態なのでここまで価格を低くしているんだとか。
なので実は大小さまざま、熟し方もバラバラなんだけど、そんなの構いませんとも!
かえって色んな品種が混ざった複雑な味わいがあるってもんだよ(区別がつかないとも言う)

今年はスタッフの人が拡声器で丁寧に梅の説明や販売状況をアナウンスしていた。
そもそもなんで偕楽園で梅の実を売ることになったのかとか、
放射能の影響とか、農薬の使用状況とか、
今何人並んでいて、梅の在庫はどれくらいあるのかとか、
#1日目は800人分(×3kg)用意してあった模様
販売の進行状況とか、とにかく色々教えてくれていた。ありがたや〜

おひとりさま3kgまでの梅を、ダンナとむすこをカウントしてもらって3人分。
傷んだ梅も入っているので保険で大量ゲットしたけど、ほぼ全量使えそう。
追熟が必要な分は別室へ。
今年はこんなことにならないように犬猫が入れない部屋に隠します。

201406161002
<追記>
仕込みがいちだんらく。
青梅を使う梅シロップ(砂糖、黒糖、はちみつ)と、梅肉エキスはその日のうちに。
追熟していた分は梅干しと梅ジャムになりました。

201406161001
追熟中は犬も猫もざわざわしていたけど、ようやく香りの元を密閉できたので彼女たちも落ち着いた様子。

Tags: , Comments Closed 

関連記事