Category : healthヒビノコト
2009-03-19

めもらんだむ

梅は散り始め、桜のつぼみが膨らんできました。

いやあ徳光伝説。紀香&陣内離婚。
徳光司会の披露宴8割は離婚したって本人が公言するだけあるな。
<依頼する方もすごいけど。
疫病神だなあ。
担当する番組が次々不祥事⇒打ち切りの福澤朗もだ。
まあ神といえばこのひとだけどね。死神の方ですけどw


ひさびさに家のことをめもめも。
年明けてから一度も触れてないや。

とりあえず手術は無期限延期。
現状では一度で取りきれるか難しいということなので、
あいかわらず抗がん剤治療が続いている状態。
3週点滴⇒休薬1週のサイクルを繰り返し。
強い薬だし、やっぱり調子は悪そう。

食欲が激落ちで、カレースプーン1杯程度のゴハンに
おかずチョコチョコ、くらいしか食べられてない。
まあ、間食を増やしているので深刻な状況ではないと思うけど。

なにより副作用の脱毛がやっぱりすごい。
TVでやってるみたいに毛束がゴッソリっていうのはないけど
手ぐしで毛をとかすと指の間に十数本の毛が絡まってるって状態。
全体的に薄くなっていくので、急激に「抜けたなあ」っていう感じではないけど、
ごみ出しの日にてんこ盛りの髪の毛を見ると
やっぱり薬の影響ってすごいと思ってしまう。

年末の手術延期からずいぶん日が経ってなんとなく現実味が薄れてしまうけれど、
やっぱりがんなんだと現実をたたきつけられる。

たまに困ってしまうのはTVでがんの話題が出たときとか
「髪の毛薄くなっちゃった」って言われたときの反応かな。
慰めた方がいいのか「そんなもんですよ」って楽観を促すべきなのか
どっちを求めているのか測りかねるデス。

あくまで手術の危険を減らすための今の抗がん剤投与だけれど、
医師からはいっこうに手術の話は出ないし、薬の効果がどれほど出ているのか
ちゃんと説明をしてもらってるんだろうか・・
ふむう。
お義父さんもお義母さんも今の病院に丸任せ状態だし、そこは嫁の出る幕ではないか。

一度だけセカンドオピニオンを勧めてみたことはあるけど、本家懇意の病院様にお世話になっているのだそうで義母も諦めているらしく、治療方針については口出ししないことにした。
ただ願うことは、負担危険少なく、早く完治(に近い状態)になってくれればいいなと。
出来る範囲のサポートを引き続き。

随時更新中

Tags: , Comments Closed 

関連記事